突っ走れ!ダメ人間ライフ

自転車、楽器、ゲーム、アニメ…多趣味な人間の生活日記。

夢日記

皆さんは「夢日記」をご存知でしょうか?

ゲームじゃない方のやつです。

 

 

あ、そうです、それです。今思い浮かべたリアルのやつの方で合ってます(謎)

夢日記とは、夢を実際に起きた直後に“日記”という形で残し、どんな夢を見たか?を記録していくものです。

よくやると気が狂う夢と現実の記憶が混ざるなど、良くない噂も散見します。

 

“ 夢と現実が混ざる”と言うとアニメ「パプリカ」を思い出しますね。あれは夢の脈絡のない感じを上手く映像化できていると思います。オススメの映画ですので、ぜひオススメします。

 

閑話休題

夢日記、私は今日から始めました(唐突)

 

さすがにこちらのブログに夢日記をつらつらと書くのも「こいつ頭おかしいんじゃないか」と思われそうなので、スマホSNSでやっています。

見た夢を読める形に残すと、「なんでこんな夢を見たんだろう?」だったり「ああ、実はこんな風に思っていたのか」と考える・発見することが出来るような気がします。

自身の深層心理というと些か大袈裟ではありますが、これはこれで中々大切なことかなと。

 

因みに、今日は5時頃にインパクトのある夢を見て夢日記を決意、二度寝で再びインパクトのある夢を見て、先程二回目の記録を終えましたw

 元々早寝早起きが苦手な生き物なので、起きてすぐ記録に残すタイプの取り組みは向かないのですが、今日みたいに休日のみにでも限定してやっていこうかと思っています。

 

夢と現実が混ざり始めたら…辞めましょうw

初ビンディングシューズ

こんばんは、私です。

土曜の休日出勤の仕事終わりに職場の人と飲んだら食べたり…見事に1日で太りました。

どんだけ食べたんだっていう。

 

さて、今日はお休み。

家の事が忙しかったり、合間に笛を吹いたり…自転車に乗るのは夜になりました。

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112224253j:image

今日はちゃんとしたヘルメットと、ビンディングシューズを初めて使いました。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112224256j:image

今日は寒いし、Stravaのチャレンジに「今月はどれだけ登れる?」というのがあったので、近所の山をウロウロ。

 

なんだかんだ夜乗る事が多い私。夜型人間なのでしょう。早寝早起きは苦手です。

 

初のビンディングシューズ。

よく聞くのは「初心者は超高確率で立ちゴケする」というお話。

乗る前からシューズのみを取り付けて、外して、を繰り返して事前学習はバッチリ。

イメージトレーニングもバッチリ!

 

数分後…それはそれは見事な立ちゴケをかましました。

 

私はいつも、停車しているときは右足をペダルに乗せて、左足で待機している事が多いです。

筋肉が先についてくるのも右脚。何かと右脚をよく使うんですね。

 

それなのに、右脚から固定を外してしまいました。(当然と言えば当然か)

器用な右足はすぐ外れましたが、不器用な左足は中々外れず…しかし身体はいつもの癖で左に重心をかけてしまう、と。

 

そりゃコケるわ。

 

と、今は思いますw

 私の場合は、左足から外すべきでしたね。反省反省。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112225507j:image

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112225513j:image

 

ペダルの側面の塗装が少し剥げたのと、サドルの左後方が少し破けてしまいました。

幸い、派手に転んだものの勢いは弱かったのでフレームに傷はありませんでした。

 

それ以降は特に転んだりもなく、割と安定して乗る事ができました。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112225751j:image

 

 f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171112225804j:image

 

山を登ったので、当然目下に広がる夜景も見られます。いつも見慣れているはずの町も、夜に見るとまた違った雰囲気で良いですよね。

 

「夜景より、君の方が綺麗だよ」

 

なんて言う相手もいないぼっちライダーの私は、夜景を一人で楽しみました。

 

さて、ビンディングシューズの使用感をまとめます。

 

平地はペダリングが楽。登りは…。

ペダルと足が固定化されるので、漕ぐ時に「引き足」という技術が使えるようになりました。

ペダルの回転にかける力が少し減った感覚で、ギュンギュン加速する感じ。夜なのでサイコン見られないので、速度は定かではありません。

 

逆に登りは引き足が使えるようになったとは言え、いきなり上手な引き足は出来ませんし、なにより普段使わない筋肉運動のオンパレード。

消耗は普通のスニーカーより早く、よりしんどく感じました。

ただ、それが正常な初心者だと私は思います。

弱◯ペダルのように、いきなり「すごい、楽に回せる…!!※登り」はあり得ないと思いました。

慣れが全てなのかなと思います。

 

普段の「無駄」に気づく事ができる

正直、足が固定されて窮屈でした。

窮屈に感じる原因は、ペダリングにそれだけ無駄が多かったという事かなと思いました。

これも慣れるとそんなに苦痛には感じなくなるのかなと思います。

 

フォームの見直しが必要

今までは無駄が多い分、自由なフォームが出来ていました。しかしその無駄を排除することで、足の位置を動かす以外で楽なフォームを検討する必要は出てきたかなと。

即ち、やっと自分のフォームを探せるようなったんだと思います。

 

こんなところでしょうか。

立ちゴケして、膝に怪我を負いましたが、ビンディングシューズで自転車乗りとして(物理的にも)一皮剥けたような感じがしますw

 

ビンディングシューズはとても便利なアイテムですが、人前で立ちゴケはしたくありませんw

通勤でシューズを使うのは、まだ検討中です。

 

チューブ交換と、ギアについて

「通勤初ライド」が「通勤は辛いど」に変換されて思わず笑った私です。間違いありません。こんばんは。

 

ロードバイクが納車されてすぐにパンクしましたが、2日後に注文したチューブとタイヤレバーが届いたので、早速チューブ交換をしてみました。

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171109235230j:image

 間違えてタイヤレバー三本セットを2つ注文しちゃいました。へへへ…

 

タイヤ・チューブ交換 松村 光浩のHOW TO講座 - YouTube

動画はこちらを参考にさせて頂きました。

 

やはり一番気になったのは何故パンクしたのか?ということ。

 

チューブを取り出してタイヤの裏側を見ても…ガラスも何もありませんでした。

チューブに空気を入れて…え、空気漏れなくない?と違和感バリバリ。

なんだか狐につままれたような感じです。

 

それでもあれこれ探ると、一つ気になる点が。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171109235728j:image

バルブの付け根に穴があるー!! 

 

写真の角度では空気は漏れませんが、別の角度に倒すと「シュー…」と空気の漏れる音が聞こえました。

 

なるほど、原因はバルブの付け根からゆっくり空気が漏れていたのか…。

走行した道自体が問題なのではなく、そもそもチューブに問題があったようです。

 

チューブ交換は動画を見ながら30分程度で終了。早速近所の山を試乗がてら登って見ましたが、全く問題はなさそうでした!

 

昨日は朝は雨降りでしたが、昼〜夜にかけて雨が降らなかったので、ギアチェンジの練習がてら、久々に近所の川沿いをライド。

風はぼちぼちでした。やっぱりクロスバイクよりはペダルが軽い印象です。

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171110000040j:image

かっこいい…(*´꒳`*)

 

ギアはロードバイククロスバイクで変わって来ます。

ロードバイクコンポーネントシマノ105以上から22段になります。全てのロードが22段ではありません。

 

前のギアが「フロントギア」、後ろのギアが「リアギア」と呼ばれるそうです。(自分用メモ)

 

こう見ると「え?ロードの方が性能低くない?」と思われがちですが、実際乗って見るとフロントギア(前)3段は不要かな、と感じます。

足回りの軽さを追求すると、確かにクロスバイクのフロントギアを一番軽くした方がロードより軽いのですが、実際はロードのギアでも事足りたり、立ち漕ぎで対応するのであまり気になりませんでした。

 

フロントギアを減らしてリアギアを増やす利点は、路面や環境に合わせて細かくギアを調整して、楽に速く乗る為だと感じました。

実際、リアギアが11段もあると、1段軽くしたり、重くした程度ではあまり変わらないと感じることもあるほど細かに切り替えられます。

 

ロードバイクは、速く、楽に、遠くに行く目的の乗物なので、必要以上の軽さを捨てて、重さを増やしたのかな?と思いました。

 

フロントギアはギア同士の大きさが極端に違うのか、1段目から2段目に切り替えると足に「ズシッ」とした重さが掛かります。

これがなかなかに厄介で、私の貧相な脚力だと楽にペダルが回せるのが丁度フロント1段+リア6〜8か、フロント2段+リア3〜4あたり(毎回ギアを見てるわけではないので定かではありません)なんですね。

発進時はフロントを1段に設定すると軽くて楽ですが、道によっては加速できるのでフロントをすぐ2段に入れる必要が出たり、上りなどが控えているときはフロントはそのままで走ったりします。

つまり、今は「見通しの立つわかる道しか楽に走れない状況」でして…フロントギア切り替えの「ズシッ」という急激な変化は足に負担が掛かりやすいので、日々ギアを研究中です。

 

しかし、元々のクロスバイク以上の前傾姿勢や、ドロップハンドルの下の方を握ることで空気抵抗が減るので、実際はクロスバイクと同じくらいの力で漕いでも、ロードバイクでは+1〜3kmくらい速く走れるので、ロードは奥が深いなぁ…と感じている昨今です。

ロードバイク納車!!

こんばんは、お久しぶりです。私です。

PCが起動するものの、画面に信号が行かなくなりまして…。

最近はスマホで色々補って生活しています。

ここ数日で気付いたのですが、スマホのアプリも本当に幅広くあるものですね。

例えばAmazonプライムに登録しているので「Amazonプライム・ビデオ」とか探してみたら、アプリがあったわけです。これで退会せずに済みましたし、ビデオも見放題!

このはてなブログもアプリがあったので、今回更新に至ったわけです。

パソコン、ゲーム、エクセル、ワード以外に必要かな…?と思い始めてます。

 

さて、本題に…。

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171106192400j:image

 ロードバイク、納車しました!!

やはり値段が安く、評判も良かったCannondaleのCAAD12 105に決定しました!

嬉しい…カッコいい…。

 

私のクロスバイクはGIOSですが、自転車屋さんから帰る僅か5kmくらいで感じた事は…

  • 衝撃は思ったよりあるけど、クロスよりは柔らかく感じる
  • 前傾姿勢の為、向かい風でもある程度進む
  • 登りが驚く程軽い

くらいでしょうか。

特に、登りが全く違いますね。これは別物です…。

 

そんな楽しくて速くてウキウキのロードバイクライフが始まろうとしているわけです。

 

一昨日(11月4日)に納車されて、昨夜—。

 

「サイコン付け替えよう。あ、でもその前に空気圧だな。ロードは頻繁に見た方が良いというし。」

そんな軽いノリで前輪に触れました。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171106193706j:image

グニッ

 

えっ

 

グニグニ…。

 

空気が…抜けてる…。

 

後輪はまだしっかり目に空気残ってました。

そりゃそうだよ。

 

納車して2日目なんだから。

 

空気を入れても途中でシューシュー言って入らず、空気入れを外しても空気が抜ける音が続きます。

完全にパンクだこれ。

恐らく納車→乗って帰っている途中にパンク→スローパンクの為気付かず、という流れかと思います。

 

そして何故か携帯ポンプだけ買って、チューブとタイヤレバーを買っていない状態なので、タイヤすら外すことができず。

Amazonで慌てて注文しました。

その時に、アプリって色々あるんだな!!と気付いた流れです。

 

暫くロードバイクはお預けになり、今日もクロスで通勤しました。でも…やっぱり、楽しかったです!

まあいずれはぶち当たるチューブ交換という壁。

自宅でじっくり取り組める幸運に感謝すべきかなと思いました。

そんな初ロードでした。

購入検討ロードバイクメモ

唐突ですが、皆様は「ポランの広場」という歌をご存知でしょうか?

どうも調べてみると「伝説の広場の歌」というタイトルでも呼ばれているそうです。

blog.goo.ne.jp

ここで紹介されています8番が振ってある歌です。

「誰もが知っていて 誰も行ったことがないところ」という歌詞がとても印象的だなぁと日々思っています。

 

最近の私の仕事の定時上がりと似てるなぁ。と日々常々思います。いやホント。

社員皆知ってるのに、誰も定時上がりしたことがない状況とよく似ています。

※勤め始めは定時上がりしていましたが。

 

さて、愚痴はそこそこに、6月~クロスバイクで通勤を始めたものの、資金もぼちぼち見通しが立ってきたので最近ロードバイクの購入を検討していまして。

色々調べたのでメモ代わりにこちらを記事に起こします。

 

ロードバイクを購入すると考えたときに、一番頭を抱えたのがフレーム(車体)の素材でした。

road-bicycle.biz

わかりやすく紹介されているサイト様がありましたので、ご紹介させていただきますね。

 

色々悩みだすとキリがないので、私は

・見た目が好みであること

コンポーネントシマノ105以上であること

を必要最低限の条件として絞り込みました。

 

1.Bianchi IMPULSO 105(びあんき いんぷるーそ)

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171027054804j:plain

フレーム:アルミ

フロントフォーク:カーボン

お値段:¥173,000-(税抜)
「チェレステカラー」という独特の青色が特徴。検討している中では見た目が一番好み。ただビアンキが人気すぎて入荷に4ヶ月位かかるらしい。

このアルミフレーム自体をレースに提供したことがあるそうで、その実力は折り紙付き。レースに出られるレベルの性能は保証されているようです。

これのもう一つ上のグレードのINTENSO 105からはカーボンフレームで20万ちょっとですが、「Bianchi」のロゴの主張が激しくなってきます。こっちのほうがスッキリ。

 

2.Cannondale CAAD12 105(きゃのんでーる きゃど12)

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171027055051j:plain

フレーム:アルミ

フロントフォーク:カーボン

お値段:¥190,000 → ¥150,000-(税込)

"カーボンキラー”の異名を持つ、ことアルミのロードバイクに掛けてはトップクラスの実力を誇るキャノンデールです。

今の職場に通勤する際に嫌でも真横を通る自転車ショップがメインで取り扱っています。

「2017年モデルのなら15万でいいですよ」と提案して頂けて、とても揺らいでいます。見た目は写真より現物の方が若干地味な感じ。でも嫌いじゃありません。

2018年モデルはもっと地味なカラーで、そこがネックだと思っていたので逆に都合が良いなと感じました。

ショップにとても通いやすい事と、価格が安く、ビンディングペダルビンディングシューズ(併せて2万くらい)を購入しても上のBianchi IMPULSOと同じ価格くらいで購入出来ます。また、在庫があるので納車までは調整と点検のみで3週間もあれば十分とのこと。

早い・安い・ウマいとまるでファストフードみたいな魅力ですw

最有力候補です。

 

3.JAMIS ICON PRO LTD(じぇいみす あいこん ぷろ)

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171027060150j:plain

フレーム:アルミ

フロントフォーク:カーボン

お値段:¥189,000-(税抜)

 

検討中の中でも、一番気になっているのはこれ。

このロードのポイントは「まるで乗り心地がカーボン素材」「下手なカーボンよりよく走る、乗り心地が良い」と、乗った人の感想が総じて良いことです。

また、アルミロードのクセに8,1kgと軽量なのも気になるポイントです。(通常アルミロードは9kgを超えることが多い印象です)

完成車購入なので、初期装備のホイール(タイヤ)等によっての違いかもしれません。

こちらのメーカーもアルミフレームに関してはかなり自信アリのようで、カーボンフレームも検討していた私からしたら、一番条件にマッチングしたロードバイクです。

メジャーなメーカーではないので、メンテナンス性に欠けますが、逆に同じバイクに乗っている人も少ないということなので、被りはほぼあり得ません。

ただ、カラーリングの見た目が子供っぽいと感じる事と、取り扱っている店舗が非常に少ない事、お値段が検討しているロードの中では一番高い事が悩みとして挙げられます。

因みに、こちらも以前のカラーリングの方が好みでした。ビジュアルがどストライクだったら迷わず購入に至ったであろうバイクです。

 

以上3つのロードバイクが今最も気になっているロードバイクでした。

 

まだまだ私のロードバイク探しは続きそうです。

体調も良くなってきたので

相変わらず消化に悪い物を食べると腹痛に悩まされるものの、最近は体調も良くなってきました。

自転車には丸一週間乗っていませんが、仕方ありません。

脚が細くなってないかしら…。

 

さて、楽器も疲れるし、自転車は論外ですし、病気をするとやることがありません。

本は読まないし、スマホのゲームは面白くないし……。

そうだ、PCゲームやろう。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171007005140j:plain

というわけで、久々に「7 Days to Die」をプレイしました。

とても楽しいゲームですので、この場を借りて紹介したいと思います。

 

“7 Days to Die”(せぶんでいず とぅー だい)って何? 

 第三次世界大戦で核が投下され、地球上の人口が大幅に激減。

謎の病原体の感染症により、人々はゾンビになってしまう。数少ない生存者(プレイヤー)は、果たしてこの過酷な世界でどう生き残っていくのか──。

 

というゲームです(雑)

まあ、ゾンビゲーです。

 

マインクラフトというゲームをリアルにして、敵をゾンビにしたような感じ。エンディングはありません。とにかく生き延びることが目的。

プレイヤーは、自身を取り巻く環境に合わせて、ゾンビやモンスターをやり過ごしつつ生き延びなければなりません。

 

プレイヤーの生命に直結する環境として、ゾンビやモンスターを除いて

  1. 食物(空腹)
  2. 水分(脱水)
  3. 気温
  4. 病気や怪我(ゾンビ感染、下痢、骨折、捻挫etc...)

これだけの種類があります。

こう書くと「なんだ、簡単じゃん」と思うかもしれませんが…

 

食物(缶詰、肉、野菜、果物etc)

食物は肉や缶詰が主流になります。一部栽培できる作物もありますが、安定供給を望めるようになる前に通常間に合わずに餓死します。また、肉が手に入ると調理をする必要があります。生のまま食べるのはお勧めされません。

缶詰は運がよければ序盤からいくつか手に入り、その場の飢えを凌ぐことが出来ます。しかし殆どの種類の缶詰は食べると喉が渇きます。

ゲームに慣れていても、序盤はギリギリの空腹状態で過ごすことも頻繁にあります。

 

水分 

生きていく上には水分も必要です。7 Days to Dieの世界に存在する利用できる水源は海や湖があります。そのまま飲めます。

でもそのまま飲むとお腹を壊します。辛い。リアル今の私のようだ…。

 お腹を壊すと状態異常「下痢」や「赤痢」を誘発します。もうアレを垂れ流しです。※ゲーム画面では流石に表示されませんが…。

アレの匂いに釣られてゾンビがプレイヤーに気付きやすくなります。

水はしっかりと飲める状態にしてから、飲みましょう。

 

気温 

高い所では寒く、低い所では普通、もしくは暑くなります。

7 Days to Dieにはバイオーム(環境)がいくつか存在します。

灼熱の砂漠、寒い雪山、穏やかな森林、他にいくつかの種類があります。

暑い場所では涼しく過ごせないと熱中症に、寒い場所では暖を取らなければ低体温に陥ります。

それぞれにバイオームに合った備えをしながら生き延びる事になります。

雨や風の強さもその時々で変化し、同じバイオームに留まっていても天候に合わせて行かなければなりません。

 

病気や怪我 

 ア〇ラックやか〇ぽ生〇のような、第三者による万が一の備えはありません。

病気をしても怪我をしても治すのは自分自身です。

ゾンビから攻撃を食らうと出血をしたり、捻挫・骨折をしたり、ゾンビウィルスに感染したりします。

出血をすると直ちに止血をしなければ、体力によっては血が止まらずに失血死する事があります。

捻挫・骨折は時間経過で治りますが、手当によって多少楽に過ごすことが出来ます。備えが無ければ当分苦しむことになります。

ゾンビウィルスに感染すると、一週間で死に至ります。これが「7 Days to Die」の名前の由来です。感染症を治す手段に薬などがありますが、序盤では慣れている人でない限りは確実に見つかりませんし、作れません。即ち死にます。

 

これらの他にゾンビが襲ってきたり、モンスター(狼や犬、熊など)がプレイヤーの命を脅かします。生き残るって、大変ね…と思いながら、ついついその過程が楽しくてやってしまうゲームでもありますw

因みに、死んでもそのワールドが終わるわけではありませんので、序盤は死にまくりましょう。そんなものです。

ゾンビは日中ノロノロ歩いていますが、22時~6時の間は活発に活動します。

 

全力で走ってきます。超怖い。

夜はどこかに隠れてやり過ごすのが無難です。

 

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171007012526j:plain

あとは、7日毎にフェラルホード(大規模襲撃)というイベントがあります。

7(の倍数)日目の22時~6時の間はどんなに隠れていても壁や床を透過して見つかります。

地中深くに穴を掘って隠れようが、ゾンビも穴を掘って追いかけてきます。怖い。

 

私は今まで戦わずして勝つ方法で凌いできましたが、流石にプレイ時間209時間…そろそろ自分で迎撃用の拠点を準備して迎え撃つことにしました。

そこで、上の画像のような典型的な拠点を作成。高床式拠点。あっ、懐かしい響き。

 

普段は地上でナイフを片手にゾンビをバリバリ迎え撃ち、危なくなったら高台に避難してやり過ごす作戦で、初回のフェラルホードは何とか乗り切ることが出来ました。

木材の消費が多くてとても大変でした…。

 

家に引きこもっていることが多い現在、大人しく遊ぶにはとても良いゲームだなぁと思います。

先々週と先週の比較などなど

おはようございます。私です。

先週広島は天気に恵まれていました。お陰様でクロスバイクに乗った距離も133.2kmと、先々週を大幅に上回りました。

f:id:Hibitoritomenonaikoto:20171002083331j:plain

タイムが+1時間19分、距離が+24.1km。

現状職場までの13㎞すら40~50分近くかかる私ですが、このタイム差でなぜこの距離の差が生じたのかはわかりません。24㎞走ろうと思ったら1時間ちょい掛かると思う。

少しずつ脚が強くなってきていると、信じたいところですね。

 

そんな先週と先々週のまとめで俄然やる気アップしていたのですが、Twitterでも散々騒いでますように一昨日から体調が芳しくありません。

 

 

病院に行ってみたら点滴を打って貰えました。「感染性胃腸炎じゃない?」とのことで。

点滴、薬を服用した後でも未だにお腹はキュルキュル……明日から仕事復帰はOKとのことでしたが、トイレに行く頻度は下がったものの、頻繁にトイレに駆け込んでいたら仕事にならないような…悩みどころです。

 

感染性胃腸炎(胃腸風邪とも呼ばれるらしいですね)はノロウィルスとかもその一種に含まれる幅広い病気が対象ですが、私は一体何を食べただろう…?とふと思い返してみました。

思いつくのは、金曜の夜に弟が作った鶏のから揚げor土曜の朝に食べたみそ汁(作成は金曜)のみ。

ふと先生に「鶏肉とか卵食べてない?」って聞かれて、その時は思い出せずに首を横に振りましたが…土曜の朝には下痢気味だったことを考えると…え、もしかして唐揚げが原因だった?

 

まあなんにせよ、しばらく自転車と楽器はお預けですね。

大人しく消化に良い物を食べて寝ますw